美容のコト、カラダのコト デザイナー・夏目頌子さんと考える、30・40代女性のこれから

30・40代にかけてカラダに変化が訪れ、ひとごとではないと感じている方も多いはず。美容のコトからストレスケア、フェムテックまで、聞きたいけど聞けなかった「これから」のお悩みを、デザイナー / ナチュラルコスメ愛好家として活躍する夏目頌子さんと一緒に考えます。

自身の経験をきっかけに
「ナチュラルコスメ」を愛用

-  デザイナーとして活躍する傍ら、ナチュラルコスメに関する発信を行う夏目さん。ナチュラルコスメを愛用するようになったのは、自身のとある経験がきっかけだったそう。

「大学生くらいのときに、衣服用の洗剤が原因で肌がかぶれてしまったことがあったんです。薬でもなかなか治らず困っていたとき、オーガニックの洗剤にかえてみたら、嘘みたいに綺麗に治って。そこからナチュラルコスメやオーガニック系のアイテムに興味を持つようになりました」

20代の頃にはナチュラルコスメを扱う化粧品会社に勤務。商品や成分について勉強し、以来ほとんどのコスメをナチュラル系のアイテムで揃えるように。

「使用感の心地よさや、精油の香りなど、使っていて“気持ちいい”と感じるものを選んでいます。メイクアイテムは、できるだけ石鹸や優しいクレンジングミルクで落とせるもの、スキンケアは天然由来のものに。色々使っているなかの1つをナチュラルにしても、あまり差が分からないと思うのですが、ナチュラルなもので揃えていくと、そうでないものを使ったときにすぐに違いが分かるんですよね」

肌荒れが気になる人は、コスメやスキンケア、ボディケアアイテムを、ナチュラルなものに変えて試してみるのも1つの方法かもしれません。

 

CBD、漢方、ハーブティー
リフレッシュは「内側」から

- 夏目さんは、リラックスタイムも「自然由来のアイテム」を使うのがこだわり。薬に頼らず、自然の力でカラダを整える方法とは。

「大学時代、アメリカのオーガニックスーパーで出会って以来、ずっと飲み続けているのが、オーガニックのハーブティー。気分に合わせてフレーバーを選んでいます。花粉やムズムズ感が気になるときにはネトル、寝る前はカモミールやラベンダーなど。ときにはブレンドして飲むことも。効果は人それぞれだと思いますが、単純に美味しいしホッとする。気分転換やリフレッシュには欠かせない存在です」

また、リラックス効果やストレスの軽減・睡眠導入などで注目されている「CBD」も、お気に入りアイテムのひとつ。

「ドロップタイプはもちろん、バーム、ロールオン、グミ、チョコレートなど、色々なタイプを愛用しています」

 

「チョコレートやグミは、デスク横に置いていて、仕事中の気分転換に最適。ドロップタイプは、そのまま口に入れて摂取しています。FIMEKAのCBDオイルは、スポイトにミリ数が書いてあるので、すごく使いやすそう!」

すでに、CBDアイテムを使いこなしている夏目さんは、気分に合わせてフレーバーを使い分けるのがこだわり。

「頭痛になりそうなときはペパーミント、やる気を出したいときは柑橘系のスッキリしたフレーバーを使っています。なるべく薬に頼らず、ハーブティーやCBD、漢方など、内側から“自然な方法”でカラダを整えていきたいですね」

 

シンプルだけど美味しい
食材にこだわるレシピ

30・40代になり、肌の不調や代謝の低下など「カラダの変化」を感じやすくなったという女性も多いはず。そんなとき、まず見直してみたいのが日々の「食」について。

「元々は、料理を面倒に感じていたんです」という夏目さんも、コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたことを機に、自炊メインの生活をスタートしたそう。

「なるべく手間をかけず、使う材料にこだわって自炊しています。添加物や小麦、砂糖をなるべく控えて、野菜は多めに。抗酸化力の高い食材や、良質なオイル、発酵食品や食物繊維豊富なものを選んでいます。自炊を始めてからは、肌の調子がよくなって、体重も自然と減りました」

「シンプルな手順でも、良いオイルや塩などを使うと、それだけで美味しくなるんです!」とのことで、夏目さんがInstagramに投稿しているレシピがフォロワーさんからも大好評。おしゃれな見た目で簡単なレシピばかりなので、ぜひ試してみて。

 

生活習慣を見直して
「冷え」のお悩みを改善

-  30・40代の女性にとって「冷え」は深刻な悩みのひとつ。気付かぬうちにカラダに悪影響を及ぼす可能性があるので、しっかり対策しておきたいもの。

夏目さんも20代の頃から冷えを感じていたそうですが、生活習慣を見直すことで以前より改善してきたと話します。

「20代の頃は仕事が忙しかったのもあり、シャワーだけで済ます日も多かったのですが、今は毎日必ず湯船に浸かるようにしています。そのほかにも、軽い筋トレやストレッチを取り入れたり、朝起きたら白湯を飲む、あたたかい味噌汁を飲むなど、カラダを冷やさないような行動を意識しています」

また、冷えが気になるときに試してみてほしい、おすすめ習慣も。

「『手浴』がおすすめ。洗面台にお湯をためて、そこに手を入れるだけなので、とっても簡単です。もしくは、お風呂のお湯程度の温度のお湯を流しながら手にかけるだけでもOK。血行が良くなり、リラックス効果があります」

 

長時間の移動や仕事も
「吸水ショーツ」があれば安心

女性特有のカラダの悩みを解決する、最新のテクノロジーやプロダクトにも注目。夏目さんが、特に愛用しているのは「吸水ショーツ」。

「最近使い始めたのですが、経血量が少ない日はこれひとつで十分なので、とっても便利。昔のサニタリーショーツといえば、フリフリした重めのデザインが多いイメージでしたが、最近はシンプルでヘルシーなデザインが増えてきたので手に取りやすくなりました」

「外出時なども、何度もナプキンを交換しなくていいので、快適ですよね。移動で新幹線に長時間乗るときなどは、特にお手洗いへ行きづらいので、重宝しています」

そのほかにもデリケートゾーン用のソープや、オーガニックコットンのナプキンなど、さまざまなフェムケアアイテムを取り入れている夏目さん。それぞれ、どのような点を気に入っているのでしょうか。

「デリケートゾーン用ソープは、3年ほど前から。使い始めてからはかゆみや乾燥などのトラブルが、ほとんど気にならなくなりました。3種類くらいの香りを気分で使い分けています。オーガニックコットンのナプキンは、とにかく使い心地が快適。個人的な感想ですが、生理痛が少し和らいだように感じています」

 

自分自身が試した上で
同じ悩みを持つ人に「役立つ情報」を

-  デザイナーとして、ナチュラルコスメ愛好家として、日々活動の領域を広げている夏目さん。30・40代にかけて、この先のキャリアをどう考えているのでしょうか。

「現在は、ウェディング関連のデザインを中心に行っていますが、今後はさらに幅を広げて、カタログやそのほかのアイテムのデザインにも携わっていけたらいいなと思っています」

また、ナチュラルコスメ愛好家として、こんなこだわりも。

「コスメの使用感や成分、効果、個人的な感想などを細かく記録して、安心して使えると思ったものを発信しています。それぞれのコスメが持つ魅力や、どんなタイプの方に合うかなど、よりリアルなイメージをお伝えできるようにしています」

「私自身も肌が弱く悩んでいた経験があるので、同じような立場の方にとって役に立つ情報を、これからもSNSやメディアで発信して続けていきたいと思っています」

 

デザイナー・夏目頌子
SHOKO NATSUME

ウェディング関連のペーパーアイテムを中心に、自身のブランド『S.DESIGN』にてデザイナーとして活躍中。学生時代から自身の経験を活かし、オーガニックコスメやナチュラル志向のアイテムを愛用。アロマテラピー検定1級やメディカルハーブ検定1級を取得する。現在は、デザインの仕事の傍ら、SNSをメインにオーガニックコスメやファッション、レシピなどの情報を発信中。

https://www.instagram.com/shokonatsume/